ads.txt / app-ads.txt


Q. ads.txt / app-ads.txtについて

A.

「ads.txt 」「app-ads.txt」 は、IAB(Interactive Advertising Bureau)の研究・開発組織であるIAB Tech Labによって策定された、プログラマティック広告取引の透明性を高めるための仕組みです。

https://iabtechlab.com/ads-txt-about/
https://iabtechlab.com/wp-content/uploads/2019/03/app-ads.txt-v1.0-final-.pdf

昨今、悪意を持った第三者が人気サイト・アプリになりすまし、実際に広告が掲載されているかのように装うことで、広告費を不正にだまし取る広告詐欺が増えてきています。
これにより、パブリッシャーは広告収益の減少(不正サイトに収益が流れてしまう)や広告枠の価値低下によって、単価や案件数が減少しさらに収益が下がる可能性があります。
また、広告主は意図しない不正媒体へ広告が配信されてしまったり(無駄な広告費の発生や)、費用対効果の悪化等、業界全体として悪影響を与えてしまっています。
こうした不正取引を防止し、適正な広告配信をすることを目的で誕生したのがads.txt / app-ads.txtです。

サイトにads.txt、アプリの場合はディベロッパーサイトにapp-ads.txtファイルを実装することで、
広告枠入札の際にDSP等のデマンドサイドがファイルをクロールし、正式な広告販売事業からのリクエストなのかを判定します。
こうすることでなりすましサイトやアプリへの広告配信を防止し、適正な広告配信を行うことができます。
将来的には、ads.txt / app-ads.txtファイルを実装しているアプリに関しては取引価格が上がっていく可能性もあります。
より透明性の高い広告配信のために、パブリッシャーの皆さまの実装をお願いいたします。

★ads.txt / app-ads.txtのファイルを作成する
ads.txt / app-ads.txtは以下の様な構成で記述頂く必要があります

広告システムドメイン,アカウントID,アカウントタイプ(「DIRECT」もしくは、「RESELLER」),認証機関ID

アドジェネでは、管理画面のads.txt / app-ads.txtのページで、御社のアカウントに沿った記述をコピペできるようにご用意しています。
アドジェネのads.txt / app-ads.txtはこの部分をコピーしてください。(①)
なお、アドジェネ配下で配信いただいているアドネットワークの一部についても、ads.txt / app-ads.txtの記述が必要になるものがあります。
▶をクリックするとコピペ用のテキストボックスが表示されますので、必要に応じてコピーしてご利用ください。(②)

必要な内容を記載いただいたら、
webサイトに配信している広告に対して設置する場合はads.txt
アプリに配信している広告に対して設置する場合はapp-ads.txt
と名前をつけて保存してください。

Ad Generation Adstxt2

●Webサイトに実装する(ads.txt)
アドジェネの広告を配信しているwebサイトのドメイン直下にads.txtのファイルを設置してください。
詳細についてはIABのマニュアル(https://iabtechlab.com/ads-txt)をご覧ください

●アプリに実装する(app-ads.txt)
AppStore、GooglePlayStoreのアプリのページにリンク先として指定しているURLへapp-ads.txtのファイルを設置してください。
詳細についてはIABのマニュアル(https://iabtechlab.com/wp-content/uploads/2019/03/app-ads.txt-v1.0-final-.pdf)をご覧ください。

AppStoreの場合「デベロッパWebサイト」のリンク先として指定しているURL


GooglePlayStoreの場合「ウェブサイトにアクセス」のリンク先として指定しているURL