Webサイト / WebViewアプリ

  1. 広告枠を作成し、JSタグを取得する
    WebViewアプリの場合はアプリとして登録します。
  2. JSタグを実装する
    作成した広告枠からJSタグを取得し、ページ内の広告を表示したい位置に貼り付けます。

注意点 / 補足

  • ネイティブ広告の表示について
  • 広告枠IDの使い回しについて
  • IDFA/AAIDをscriptタグへ付与する(アプリ)
    • アプリのWebViewページでの広告表示では、ターゲティング配信を行うことで収益の向上が見込まれます。
  • WebViewアプリでiOS14対応を行う場合はこちらのページをご参照ください。