【位置情報を活用した広告配信とSupershipの考え方】

近年、位置情報を活用した広告は、ユーザーの行動範囲の中で、シーンに合わせたアプローチが可能なため、

これまでになかった広告主様(小売・流通業等)の登場や位置情報を活用したDSP事業社の登場等により盛り上がりを見せ始めています。


その中で、Supershipでは、昨今のGDPRの施行や、個人のデータ管理に対する世論の危機意識を受け、

利用者(アプリユーザー)に対し、データの取得・利用に関する透明性・信頼性を確保するとともに、

データ利用に関し利用者の意思を尊重しております。


アドジェネをご利用いただくにあたり、直接のデータ取得者であるアプリ事業者様にも、

利用者に対し、位置情報の取得・利用・第三者(Supership)への提供について同意を取っていただき、

透明性・信頼性の確保に努めた上でご利用いただきたいと考えております。


以下、位置情報利用に関するユーザーへの通知・同意方法のガイドラインとなります。

位置情報を取得しているアプリやこれからご利用予定のアプリメディア様は、以下改めてご確認の上、ご対応をお願いいたします。


【ユーザー同意の取得方法】

<①同意の対象>

・位置情報を取得すること

・位置情報の利用目的

・位置情報を第三者に提供することがあること


<②ユーザー同意の取得方法>

・利用者が同意しているということを理解できる状況が必要であるため、「個別かつ明確な」同意が必要となります。

 例

 ・アプリ初回起動時にポップアップで同意画面を表示。および同意のクリックを実施。

 ・詳細を確認するためのプライバシーポリシーページへの誘導。


<③ユーザー同意取得にあたり、利用者に表示すべき事項(プライバシーポリシーに記載すべき項目)>

 ・取得者:

 ・位置情報の種類:

 ・精度・取得頻度・取得期間等:

 ・利用目的:

 ・第三者提供があること、その提供先:

 ・保存期間:


<④ユーザー同意内容の変更の機会>

 ・オプトアウトの導線も確保する必要があります。


◇参照 総務省「位置情報プライバシーレポート(H26.7)」で言及される同意取得方法

http://www.soumu.go.jp/main_content/000434727.pdf

上記対応が難しい場合は、位置情報の付与設定を無効(デフォルト値)のまま、

アップデートをお願いいたします。



▼マニュアル(位置情報付与の設定方法)

https://github.com/AdGeneration/sdk/wiki/Location